ゴムパッキン

ゴムパッキンとは


ゴムパッキンと一言で言ってもいろいろなものがあります。

・阪上製作所、NOK、日本バルカー工業などの大手メーカーの規格品

(主にU型V型L型Y型など立体形状で、流体の圧力を利用してシールする仕組みの物)
・フランジ用JISなどの各種規格用ガスケット
・薄いドーナツ型形状のゴムのガスケット
・ユーザー設計の、規格ではない寸法のパッキン・ガスケット

弊社では、もちろん各種大手メーカー製品の取り扱いもしておりますし、お客様から図面をいただいて特注で小ロットから製作することもしております。

他のページでご紹介しているように、材質や形状、数量にあわせて、様々な加工法の中から最適なものを選んでご提案させていただきます。まずはファックス・メールなどでお問い合わせ下さい。


弊社で加工する場合材質としてはゴム板材として流通しているクロロプレンゴム(商標としてはネオプレンゴム)、ニトリルブタジエンゴム(ニトリルゴム、商標としてはハイカー,ブナN)、エチレンプロピレンゴム、シリコンゴム、フッソゴム、ウレタンゴムなどが中心となります。

 ゴム材質の大雑把な用途別の使い分けの仕方はこのような感じです。

耐油用 ニトリルゴム(NBR)(ハイカー)
耐熱用 クロロプレンゴム(CR)(ネオプレンゴム)
耐候用(屋外での使用の場合)エチレンプロピレンゴム(EP)
食品用・耐薬品用・耐熱用 シリコンゴム
耐薬品用・耐熱用 フッソゴム(いわゆるバイトン)

 


ゴムのリングの実物をサンプルとして持ち込まれて同じものを希望されるお客様がたまにいらっしゃいます。大手メーカーの規格製品である場合もありますが、大抵は受注生産の特注品と思われるものです。そういうものは弊社で常時在庫しているわけではありません。形状にもよりますが材質・寸法・数量をご指示いただければ製作することが可能なこともあります。

ただ、型で作られたものと同じ形状のものを少量作る場合割高になってしまう可能性があります。サンプル品が何らかの理由で入手できず、割高ではあってもどうしても同じ形状のものが必要であるという場合には検討の余地があります。既に他で調達されているものをもっと安くで、というお話だと、難しい場合もあります。

 
また、サンプルを見ても正確には材質がわからない場合が多いです。用途をお聞きして通常扱っている汎用的な素材の中から適当なものを提案させていただくことになると思います。特殊素材で作られているような場合ですと、成分を分析して同じものを作るということは出来ません。