テフロン加工

 

 


弊社では様々な方法でテフロンの加工をしています。
形状やロットに合わせて、木型打ち抜き、カッティングプロッタによる加工、スリッター加工、旋盤による切削加工など最適の加工法を提案し、小ロットから最短納期で提供致します。ファックス・電子メール・電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。

 

フッ素樹脂リングの製作法

寸法・数量・納期などによって最適な方法が変わってきます。条件をお聞きして最適な方法をご提案させてください。

・パイプを旋盤でカットする方法
・丸棒から旋盤で加工する方法
・板から打ち抜く方法
・板から旋盤で加工する方法
この4種類の方法があり、それぞれメリット・デメリットがあります。
同じ寸法であっても要求される公差や納期、コストによって作り方が違ってきます。

 

・パイプを作成して旋盤でカットしていく方法

メリット

製作したパイプを使い切るだけの数量があれば材料代が安い
旋盤の作業なので寸法が正確

   

デメリット

製作したパイプを使い切るだけの数量がないとかえって高くなってしまう。 

あまりに少ないと事実上製作不可能。
パイプの在庫がない場合パイプ製作に10日ほどの日数がかかってしまう 

ある程度大きい寸法からしかパイプの規格寸法がない

  

その他の特徴

少し寸法が違うだけでずっと値段が高くなるということがある。
(少しだけ製品寸法が違うためひとつ大きい規格寸法のパイプを使う必要がある場合)

 

 

・板から打ち抜く方法

メリット

納期が早い 少量でも対応可能
小さい寸法でパイプから作れないようなものについては丸棒から作るより安い

  

デメリット 内径の材料が無駄になる可能性があるため、材料代がパイプから作るときよりは高い
型がないと製作できない
板の規格寸法の厚さのものしかできない。
寸法微調整はできない。寸法それなり。

 

 

・板から旋盤で加工/丸棒から旋盤で加工

デメリット 

コストが一番高い
板からの場合厚さは板厚そのまま

  

メリット  納期が早い 数量が少なくても対応できる
抜き加工に比べれば寸法が正確